ひぐち法務事務所

相続の放棄

相続の放棄

相続放棄の手続き

相続財産の調査結果により、相続するか、しないかを検討することになります。 相続するか、しないかは相続人の自由ですが、相続開始を知った日から3ヶ月の間(熟慮期間)に決定しなければなりません。 借金等のマイナス財産を含め相続財産をすべて相続するのか(単純承認)、すべての財産の相続をしないのか(相続放棄)、相続した財産の範囲内でマイナス財産(借金等の負債)などの責任を負うのか(限定承認)、のいずれかを選択することになります。 なお、相続財産が多いなど、調査に時間がかかりそうな場合は、家庭裁判所に期間の伸張を求めることができます。

相続放棄の必要な書類

相続放棄の申述は、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に対して行います。 相続放棄の申述をする際は以下の書類等が必要になりますが、必要書類は家庭裁判所によって異なる場合がありますので、家庭裁判所等に事前に確認しておきましょう。

1 相続放棄申述書
2 申述人(相続人)の戸籍謄本
3 被相続人の戸籍謄本等(除籍簿)
4 相続人の住民票
5 被相続人の住民票の除票
6 収入印紙(1人800円)
7 郵便切手(裁判所により異なります。)
相続の放棄のご相談
初回ご相談料 無料 TEL:0742-32-5965 【営業時間】平日AM9:00~PM6:00
メールでのご相談・お問合せはコチラ

ご相談ご依頼は ひぐち法務事務所(奈良市西大寺)

住所:奈良市西大寺国見町1丁目7番24号
TEL:0742-44-5100

県内対応エリア
(奈良市・大和郡山市・生駒市・天理市・斑鳩町・田原本町・香芝市・王寺町・橿原市・桜井市・大和高田市・高取町・御所市・五條市・葛城市・吉野町・その他etc)

近畿圏内の出張対応エリア
(大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・和歌山県)お問い合わせください。

まずは無料相談をご利用ください。(お電話もしくはお問い合わせフォームから)
ひぐち法務事務所は司法書士業務、行政書士業務を併設しています。

主なご相談・ご依頼の例
・不動産登記
・商業登記
・供託手続き
・成年後見制度による業務
・遺言書の作成
・相続に関する書類作成(相続登記など)

TOPへ会社設立・登記不動産登記相続登記遺言手続き債務整理裁判手続きお問合せ・ご相談
料金設定サービス提供エリアご相談の流れ守秘義務について事業所案内所長BLOGサイトマッププライバシーポリシー

COPYRIGHT(C) ひぐち法務事務所 ALL RIGHTS RESERVED.