ひぐち法務事務所

業務内容

会社で以下のようなことで悩まれたことございませんか?
会社運営でどうしたらいいか、そんなお悩みもサポートいたします。

設立後の変更手続きQ&A

定款を変更するには株主総会の特別決議が必要です。登記事項に関するものについては、登記の変更手続きも必要となります。

Q1 会社の定款の変更手続きはどうしたらいいですか
定款を変更するには株主総会の特別決議が必要です。定款には必ず記載しないと無効となる事項、定款に定めなければいけない必須事項、自由に記載することができる事項があります。株主総会で議論の上、取り決めましょう。
Q2 会社の名称(商号)や事業目的を変更するにはどうすればいいですか
株主総会で定款を変更し、変更登記をしなければなりません。
また、商号の変更と同時に法務局に届け出ている会社印を改印する場合は、改印の手続きも必要となります。
Q3 役員の任期を10年に伸長するにはどうすればいいですか
株主総会で定款の役員の任期に関する規定の変更を決議する必要があります。また、役員の任期を10年にするには、株式の譲渡制限について定款に規定されている必要がありますので、株式の譲渡制限の規定がない場合は新たに定める必要があります。
役員の任期は登記事項ではありませんので、登記手続きは不要ですが、株式の譲渡制限については、登記手続きが必要となります。
Q4 現在、取締役3名、監査役1名の取締役会の株式会社ですが、株式会社の役員は1名でもよくなったと聞きました。役員を1名にするにはどのような手続きが必要ですか。
定款を変更して、取締役会設置会社・監査役設置会社である旨の定めを廃止する必要があります。
初回ご相談料 無料 TEL:0742-32-5965 【営業時間】平日AM9:00~PM6:00
メールでのご相談・お問合せはコチラ

ご相談ご依頼は ひぐち法務事務所(奈良市西大寺)

住所:奈良市西大寺国見町1丁目7番24号
TEL:0742-44-5100

県内対応エリア
(奈良市・大和郡山市・生駒市・天理市・斑鳩町・田原本町・香芝市・王寺町・橿原市・桜井市・大和高田市・高取町・御所市・五條市・葛城市・吉野町・その他etc)

近畿圏内の出張対応エリア
(大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・和歌山県)お問い合わせください。

まずは無料相談をご利用ください。(お電話もしくはお問い合わせフォームから)
ひぐち法務事務所は司法書士業務、行政書士業務を併設しています。

主なご相談・ご依頼の例
・不動産登記
・商業登記
・供託手続き
・成年後見制度による業務
・遺言書の作成
・相続に関する書類作成(相続登記など)

TOPへ会社設立・登記不動産登記相続登記遺言手続き債務整理裁判手続きお問合せ・ご相談
料金設定サービス提供エリアご相談の流れ守秘義務について事業所案内所長BLOGサイトマッププライバシーポリシー

COPYRIGHT(C) ひぐち法務事務所 ALL RIGHTS RESERVED.